組織メンバーの紹介
政府の目標
サービスガイド
フレンドリー·シティ
 
 
  フレンドリー·シティ
トップへ戻り
>...>日本枚方市――長寧区
日本枚方市――長寧区
日本枚方市――長寧区

【都市案内】

 枚方市は大阪府の東北部に位置し、大阪市の中心部からは約45キロ、京都市の中心部からは40キロの距離があり、関西地方の交通?文化?産業の中枢地区であり、関西地方の上流社会の住宅が集中しているところでもある。関西地方の東南部の丘陵地帯に位置し、海洋性気候で、淀川が市内を流れている。面積は65.07平方メートルである。戦後の1947年8月1日に、枚方市は設立され、当時の人口はわずか4万人であった。1955年から1965年までの10年の間、人口が年ごとに増加し、1995年に40万人に達した。2012年2月の統計によると、全市の人口は40.73万人という。

【友好関係の締結】

 1985年、枚方市日中友好協会による民間訪中団が長寧区を訪問し、翌1986年に、長寧区の指導者が訪問団を率いて枚方市を訪問した。枚方市市長は、日中友好協会会長?教育委員長の中井正勝氏を通して、長寧区に友好関係の締結の意向を示した。

 1987年3月、枚方市北牧一雄市長は訪問団を率いて長寧区を訪問し、友好関係締結について打ち合わせをした。上海市謝麗娟副市長が訪問団と会見した。

 1987年12月14日、長寧区訪問団は枚方市を訪問し、16日に双方が市区交流協議書に調印した。1993年5月、両区市の友好都市関係が正式に締結された。


【友好往来の歴史】

 長寧区は、1987年に枚方市と友好交流を開始して以来、教育?文化?体育?医療衛生?科学技術?社会福祉?民間芸術?少年児童の書画?図書文庫など、さまざまな分野において交流が盛んに行われた。また、財政?会計監査?環境保護?高齢者福祉?社区管理と建設などの専門な課題について議論した。

 1987年から、両市区の主な指導者は定期的な相互訪問を続けてきた。2007年以来、両政府間は5年ごとに代表団を派遣し、相互訪問をするようになり、段階的な友好交流のプロジェクトの協議書を締結した。

 枚方市の日中友好協会と長寧区と緊密な交流関係を保ち、それによって実現した訪中の回数は40回以上に上った。長寧区としても、2002年、2004年、2006年、2008年、2010年に、市民代表団の枚方市の訪問を手配した。

 

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统