組織メンバーの紹介
政府の目標
サービスガイド
フレンドリー·シティ
 
 
  政府の目標
トップへ戻り
>...>これから五年間長寧発展の方針
これから五年間長寧発展の方針
長寧の社会保障と町の建設目標
長寧社会事業の発展と「精神文明」の建設目標
長寧市街建設と管理目標
「デジタル化長寧」の建設目標
近代的なサービス業の建設目標
これから五年間長寧発展の方針

虹橋を開拓し、機能を昇格させ、デジタル化長寧と国際市街にし

これから5年の間長寧が発展する主要なノルマ
1) 経済発展の主要な予期ノルマ――区域の生産額は2010年までに約480億元に、その中、区の生産額は約290億元に、年間平均10%成長し、全区の財政収入は年間平均約10%成長し、近代的なサービス業は年間平均約18%成長し、全区税収の割合の45%を占め、区の計画に入る固定資産の投資は5年間で累計200億元となり、経済的なビルは5年間で累計200万㎡を竣工します。
2) 環境発展の主要な所期目標――5年間累計で環境保護に約30億元を投じ、人口1人当たり公共緑地は6.5㎡の以上に達成して全区の緑化率は32%まで達します。空気汚染の指数は2級あるいは2級以上の日数は年間日数の86%を占め、市街汚水の集中処理率は85%まで達成し、環境騒音の基準に達する区が占める割合は95%まで達成し、家庭ゴミの無公害処置率は90%以上まで達成します。
3) 社会発展の主要な所期目標――市政府が下達した新たに職場を増やす指標を超過達成し、都市と町が登録した失業率の人数は市政府が下達した指標以内にコントロールし、財政の社会保障の投入は当年度区の経常財政支出と街鎮の前年度支出の5%を占め、財政の科学技術の投入は当年区のランクの財政支出のの3%を占め、万人ごとに科学普及経費は5万元まで達成し、固定資産の中で情報化の投資の割合は約5%になるように努力します。教育財政の割当金の増加は財政経常収入の増加より高くなり、労働力人口の中で高等教育を受けた人の割合は全市の平均水準より5%ぐらい高くなり、住民1人当たり望む寿命は全市の平均水準より高くなり、万人ごと年間予防保健の経費は55万元以上に達します。

近代的なサービス業の建設目標
サービス経済を主とした産業構造を優れものにし、積極的に近代的なサービス業の集積地を建設します。「十一五」の期末までに、1.77K㎡の虹橋渉外貿易センターはほぼ骨組みを形成し、「国際、商業貿易、文化」機能の特徴を際立たせます。市ランクの中山公園の商業センターは全面的に作り上げ、“商業型、レジャー式、デジタル化”機能の特徴を際立たせます。虹橋経済団地を基本的に作り上げ、“園林式、ハイテク、本部型”機能の特徴を際立たせます。

「デジタル化長寧」の建設目標
強力に情報サービス業、情報技術応用と情報インフラがリードする情報化の先行区を建設することを推し進めます。政務の情報化の建設を推し進め、ネットを通じて用を足す総合応用項目を加速します。経済分野の情報化の建設を推し進め、電子商務の発展環境を完全にします。都市管理の情報化建設を推し進め、都市管理の情報資源をお互いに結び付けさせ、互いに通じさせます。社会分野の情報化建設を推し進め、公共サービスのレベルを昇格させます。コミュニティの公共サービスの情報化建設を推し進め、特色のある情報化団地の建設を促進します。

長寧市街建設と管理目標
「都市は生活をよりすばらしくさせます」という博覧会のテーマをめぐり、街の環境はモデル区、規範区、ノルマ達成区になるように努力し、長寧を国内外の人士が事業をし、住みやすいの市街区域に建設します。
インフラを更に完全にします。積極的に虹橋総合交通中枢の建設歩調に合わせ、軌道交通の10号線、11号線と2号線の機関区の前期立ち退きと工事マッチングをうまく行くようにします。長寧路――北翟路幹線と古北路副次幹線を開拓し建設します。威寧路などの10数本分かれ道の区域区間を新たに建設し、改築し、蘇州河を跨る古北路橋と淞虹路橋を建設し、現代化、立体化と便利化の道路ネットワーク体系を形成するようにします。
 よりいっそう環境の質を高めます。積極的に新たの環境保護3年間行動計画を実施し、環境の友好型市街を建設することを加速し、“一縦二横”の緑地骨組みを構築し、50万㎡の公共緑地の建設を推し進め、道の景観緑化を優れものにし、都市の緑色公共活動の空間を拡大します。ごみ処理場の運行センターを建設し、22の家庭ゴミ圧縮ステーションを新たにつくり、蘇州河の糞便の埠頭、ごみの埠頭と泥の埠頭を引っ越し、都市彫刻・塑像を新たに作り、美しい都市の景観を建設します。
  よりいっそう居住質を高めます。住宅環境の改善プロジェクトを積極的に推し進め、旧地区の改造面積は25万㎡を改造し、「切れ端」古い住宅の改造予定総面積の50%を完成します。100万㎡面積の住宅が新たに操業し、次期に繰り越す住宅の面積は280万㎡で、350万㎡の住宅を竣工し、住宅に合わせた公益性施設、公共設備と商業サービス施設などの建設を更に完全にします。
 市街区域の管理水準を一層高めます。市政施設の管理と街景環境の管理を強化し、文明現場のノルマ達成率は90%以上を実現し、機械で道路を掃除し、水で洗い流す率は80%まで達成します。9つ町は全て「石炭を使わない町”になり、10の市ランク・20の区ランクの「静かな居住団地」創り、住民を立ち退かせる作業と建物を取り壊し立ち退く作業の管理を強化し、それらの行為を規範し、“十公開”の制度を着実にします。

長寧社会事業の発展と「精神文明」の建設目標
社会事業を発展することを更に際立っている位置に置き、公益事業に立脚し、バランスが取れていることを促し、活力を奮い立たせ、経済社会を調和して発展することを促進します。

教育を優先的に発展することを堅持し、義務教育を高品質で均衡に発展することに力を注いで推し進め、近代的な基礎教育の体系を完全にします。学校の配置を優れるものにし、新たに瀘定中学、長支一小などを建設するプロジェクトと少年科学ステーション、少年宮などを改造するプロジェクトを立てます。学習型の街を目標とする生涯教育システムを作り上げ、地区の機能に適応した国際教育と育成訓練の場を作り上げます。

公共の文化サービス体系を作り上げ、文化施設の配置を完全にし、政府が公益性文化に対する投入を増大させ、天山映画館を再建し、長寧図書館を完成し、長寧文化芸術センター、民俗文化センターなどの文化施設を改築し、虹橋文化機能区を作り上げます。

公共衛生の予防、応急、手当て、治すシステムの建設を強化し、団地の衛生サービスの総合改革を全面的に推し進め、人々の基本的な医療を保障し、健康な街つくりを推し進めます。天山漢方病院と公共衛生センターを落成し、天山団地の衛生的サービスセンターを新た建設し、虹橋団地の衛生サービスセンターを改善し、団地の衛生サービスステーションを標準化に建設することを推し進めます。

スポーツ施設の配置を優れるものにし、天山、新華などの4団地のスポーツの建設場所と団地のトレーニング公園を新たに建設し、学校の運動場などを市民に向って開放することを推し進めます。

愛国主義を核心とした民族精神と改革、革新を核心としたの時代精神を大いに広まり、社会中で国を愛し法律を守り、誠実で信用し、団結で友好し、勤勉で節約し、仕事に一途で献上するという基本的な道徳規範を提唱し、全区の人々の凝集力と創造力をよりいっそう発揮させます。
長寧の社会保障と町の建設目標
社会保障と困難のある人を救助し助ることをよりよくし、就職と再就職のことを社会発展の最優先に位置づけます。
“凝集力の工事”をキャリヤーとし、町管理ネットワーク化と町建設の実体化をつかみ手にし、秩序のあり、サービスがすばらしい、関係が打ち解け、安定かつ和やかで、活力が満ちた調和がとれた町つくりに努力します。

長寧の市場経済体制、構造を完全にする仕事の目標
政府の機能をさらに転換し、「サービスの政府、責任の政府、法制の政府」の要求により、財政保障を科学教育で都市を振興し、社会事業、社会保障、公共安全、生態環境、インフラなどの公共分野に重点を傾けます。

国の資本、国有企業の改革をさらに進め、非共有制経済の発展を激励し、支持し、誘導します。

 

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统