長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
神秘!この会社の創始者は毎週三日間でS32申嘉湖高速サービスステーションにこんなことをしている......
03-06


疫病は無情で世の中には愛が溢れている!新型コロナウィルス感染が拡大し、全国で困難な時期に陥り、依然として善良な誠意に満ちた人達は暖かさと感動をもたらす。

 

 


竇浩は、東華大学の卒業生であり、尚創匯·東華大学大学生創新起業インキュベーション基地のインキュベーション企業上海浩晟極嘉体育発展有限公司の創始者でもある、疫病期間中、竇浩はもう一つの特別な身分――S32申嘉湖高速サービスステーションのボランティアがあった。


 

 


朝5時三十分、まだ夜が明けないが、竇浩は既に初の青浦行きの地下鉄に乗り、青浦区共産党員学校において他のボランティアと一緒に―S32申嘉湖高速サービスステーションに赴き、一日のボランティアサービスを始める。

 

 



 

車でそそくさと食事を済ませ、サービスステーションに到着すると急いで防護服、マスク、手袋、医療用ゴーグルなど装備を着用する。春の寒さが厳しく、青浦区の朝、室外気温がわずか5摂氏度ぐらいであり、寒風をものともしない、竇浩はタイムリーに高速道路のインターチエンジに立つ。

 

竇浩の選択は頭に浮かぶ昔の毅然たる後ろ姿の影響を受けたのである。竇浩の母は医療関係者であり、嘗て2003年に重症急性呼吸器症候群疫病と戦ったことがある。その時、母の危急に臨んで命令を受け逆行する後ろ姿は深く竇浩の心に焼き印を押し、竇浩を励まして新型コロナウィルス感染拡大の緊急時に勇敢に立ち向かう。

 

2月3日、竇浩は「上海ボランティア」ウエブサイトに個人アカウントを登録し、且つ青浦区、宝山区、金山区という他省と境を接する市街区にボランティアサービスを申し込んだ。努力せず幸運を持つことを嫌う竇浩は自発に東華大学及び尚創匯インキュベーション基地を通して高速道路ボランティア募集状況を聞いた。懸命に努力する人は必ず実を結ぶ。2月6日、竇浩は漸く思い通りに青浦区S32申嘉湖高速サービスステーションからの電話をもらった。

 


しっかりと上海の「西大門」を守り、疫病を「城門」の外に拒否し、この困難で苦しくて挑戦性に満ちる任務を担当できて竇浩は非常に嬉しかった、「嘗て専門的運動員であった、体力、耐力は普通の人と比べて優れ、住民団地の玄関を守るボランティアサービスより、ずっと多くの任務が担当できると思う」。

 

 



 

一週間で三日間出勤し、竇浩の主な仕事は医療関係者や警察と協力して最前線の防御線を守る:上海に入ろうとする人を助けて指導して「来上海人員健康登記」を記入し、相手の情報をチエックし、体温を測定し、交通をスムーズにすることである。体温が正常でない、及び重点地区からの人や車両に対して、ダブルフラッシュライトを開けるようにオーナーに伝え、それから民事警察が再検査区まで案内して再検査を行う。

 

S32申嘉湖高速サービスステーションは青浦区の他省車両が上海に入る主なインターチエンジの一つであり、車流量が大きく、且つ上海に戻るピーク時となり、インターチエンジに走り込む車両が続き、ピーク時には、一車道ごとの車両が5-7キロメートル列に並び、遠くから見ると、まるで長蛇のようである。車両が集め、仕事が厳しい、8時間で、竇浩は1000台の車、延べ2500人をサービスする必要がある。

 


「疲れきったが、皆さんは理解してくれて、協力してくれて仕事がうまく行った。」上海に入る人が積極に協力してくれて竇浩は市民が心を合わせて絶対に疫病に打ち勝つ決心を感じた、この凝集力が温かく、胸にこみ上げ、風の寒さを追い散らす。

 

 

 たまには渋滞で文句を言う市民にあうと、竇浩はいつも「上海に戻ってきっと上海に生活しているだろう、我々現在ウィルスを上海まで拡大しないように努めている、焦らないで暫く待ってください。」気楽な一言で、長く待っていらいらと落ち着かない上海に戻る市民を慰めた。

 

 



 

尚、長時間に亘る超負荷業務のため、竇浩は体調が悪くなった。足首と膝の多くの傷で引退した竇浩は一日の仕事が終わってから持病が再発し、両側の膝がむくみ、家に帰ってアイスパックで長時間に冷やし、包帯を巻いて初めて痛みを緩和できる。それにしても、竇浩は一度も諦める気がなかった。積極的に自分の状態を調整した。「疲れた時、気分が悪くなりがちであるが、我々がしているのはサービス業務であり、タイムリーに自分の気分を調整しなくてはならない」。

 

堅持する原因を言及すると、竇浩は「私は上海で大学生活を送った、現在上海において起業し、生活している、上海は私の第二の故郷である、故郷が陥落し第二の武漢になるのが見たくない、」と述べた。竇浩は信念を抱いてひそかに目標を定めた:しっかりと上海の「玄関」を守り、上海は絶対に負けない、私も絶対に負けない。


 

 

了解によると、自ら行動で上海を守るだけでなく、竇浩は武漢同濟病院に300枚のN95マスクと二台の専門呼吸器を送った。

 

 



 

中国には、「一方有難、八方支援」、どこかに困難があれば四方八方が応援する、という言葉がある。この特別な時期には、竇浩は大衆団結疫病予防抑制の缩影である。東華大学国家大学科技園、尚創匯·東華大学大学生創新起業インキュベーション基地及び東華青年起業校友連盟には、ある起業初期企業と企業創始者は自分の微力を以て暖かい「炎」を更に多くの人に伝えている。

 

尚創匯インキュベーション企業の上海謀楽ネット科技有限公司は「疫病緊急応答グループ」を設立し、新型ウィルス防疫病院にリモート運営維持保障支援を提供する。

 

東華青年起業校友連盟企業の雲南滇雲蜜語生物科技有限責任公司の創始者銭衛新は、価値が400万元に近くのはちみつを寄贈し、前線まで輸送し、湖北省の11社の病院、1つの公安分局、1つの消防総隊を支援する。

 

東華青年起業校友連盟企業の傘亮(上海)知能科技有限公司の創始者迮海兵は、海外の多くの国から3000枚のN95マスクを集め、且つ上海松江区第一人民病院に無料で傘を寄贈し、疫病予防抑制活動に参加し、前線の医療関係者にできるだけの援助を提供する。

 

東華青年起業校友連盟企業のSCP小咖雲健康養老産業プラットフォームは、緊急に欠乏する医療物資の慈善寄贈ドッキングプラットフォームを構築し、湖北のために医療用ゴーグル、体温ガン、マスク、防護服、アルコール、消毒液、野菜等の物資を募集する。

 

 







Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统