長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
本当に良かった!無接触配送知能棚は長寧のこの街道に姿を現した!
03-06

新型コロナウィルスによる肺炎の予防抑制事業を始めて以来、天山路街道はインターネット、人工知能など科学技術手段を疫病予防抑制に運用し、末端組織の力を放出し、コミュニティ疫病予防抑制の効率を高める。

 

無接触配送知能棚

更に便利に、更に安心に




天山二村コミュニティ玄関の無接触配送知能棚



疫病期間中、オンラインでテイクアウト、生活必需品を注文するのは市民の日常生活の一部になる。テイクアウトが届ける時の相互感染を避けるために、美団テイクアウトの支持を受け、天山街道初の無接触配送知能棚は天山二村団地に正式にテストして使用される。

 


テイクアウト知能配送棚は保温、消毒機能を実現でき、且つ外部配送者に無料で開放し、配送者はQRコードをスキャンしてテイクアウトを預け、消費者はQRコードをスキャンして取り出し、接触を避け、更に安心になる。




 

図のように


配送者は無接触配送知能棚の前に①QRコードをスキャンして棚を開ける②棚番号を注文者に伝える


団地の注文者はウィーチャットを開けて①QRコードをスキャンしてテイクアウト取出ミニプログラムに入る②配送者からの棚番号を入力する③クリックして棚を開けると、テイクアウトを取り出すことができる



フルプロセスにはゼロ接触であり、特別な時期にこんな棚があるとはテイクアウトが更に安心になるではないだろうか!



知能医療アシスタントアウトコールプラットフォーム

末端組織の力を放出する

 


予防抑制事業の効率と正確度を高め、切実に末端組織や前線の負担を低減するために、天山路街道は科大訊飛アウトコールプラットフォームを導入し、AI音声技術を利用し、マスク予約登記の住民への通知、電話を掛けることで予防抑制知識の宣伝及び在宅観察者のフォローアップ機能を実現する。

 



 


バックステージはまず各住民区からのリストを順次に管理システムに導入し、それから「ワンキー電話」ボタンを押し、システムはリストによって家ごとに自動的に音声電話を掛ける。プラットフォームの提供する音声テンプレートは体温度数、発熱するかどうか、咳が出るかどうかなどを含む問題シーンと返事を識別できる。

 



 

システムは正式にスタートして以来、一日当たり延べ450人に電話を掛け、電話応答率が約90%である。この措置は技術手段に依託して更に良く末端組織を助けて重複的業務を完成し、有効にコミュニティ従業員の時間を節約し、彼らが抜け出して更に主観能動性を有すオフライン業務に取り組むことができる、従ってコミュニティを助けて疫病予防抑制効率を向上する。

 

サーマルイメージング撮影設備

生産再開を更に早める

 


再開後、どのように伝統的体温測定速度が遅く、渋滞の状況を避けるか?「月億楼」金虹橋はサーマルイメージング体温測定を通して急速に選別し、ビルに入る人は平日と同じく正常に通り抜けてよい、止まってスタッフの「耳式体温ガン」、「額式体温ガン」による体温測定を受ける必要がない。サーマルイメージングカメラの前から通り抜けると、コンピューターのスクリーンにリアルタイムに体温「色」を示し、発熱の高温ポイントがあったら、システムは自動的に音声・光アラームの方式でスタッフに伝えてタイムリーに取り扱う。

 



 

金虹橋に位置するサーマルイメージング体温急速選別設備


この体温急速選別設備は金虹橋の他、南豊城、遠東国際など街道の多くのビルにはいずれも設置されている。

 

レンズの前に立つだけで、スクリーンは体温を読み取り、安全値以内にあると急速に通行できる。



 


疫病はコミュニティ管理体系と管理能力に対する厳しい試練でもあり、街道は引き続き積極的に関連科技知能技術が現在疫病予防抑制事業における応用を探索し、正確に高効率に予防抑制し、「外部からの侵入を予防、内部の拡散を予防」を実施し、天山路街道の安全を守る。


Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统