長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
家に帰った!春秋航空は7便を増やし、韓国滞在中国人旅客を迎えた!
03-19

3月8日午後13:20、韓国濟州滞在の157人の中国人旅客は春秋航空8568便に搭乗し上海浦東空港に到着した。その後、濟州華人華僑連合会の要求に応え、春秋航空は、それぞれ韓国濟州から上海、瀋陽までの7便を増やし、1000人余り中国人旅客を迎える予定であった。且つこれらの旅客及び春秋航空乗員達はいずれも厳格に疫病予防抑制関連政策を執行し、飛行済みで14日間の健康観察を行う。




最近重点地区疫病の感染拡大につれて、韓国フライトライン飛行任務を執行する航空会社は14日間の健康観察を受ける厳格な政策に直面し、各大航空会社の中国・韓国航空フライトラインはいずれもやむなく大幅に調整した。春秋航空を例とすると、春秋航空はタイムリーにフライトラインを調整した、3月初から、上海からソウル、濟州までのフライトラインは一時的に取り消され、3月末まで徐々に回復する。




先日、濟州華人華僑連合会は春秋航空と連絡を取り、濟州当地には緊急に帰国希望の中国人旅客がたくさんいるが、中国・韓国フライトライン調整の影響を受けてできなくなることを伝えた。情報を得た春秋航空代理取締役王煜はその夜緊急会議を開き、万難を排除し、3月8日から濟州から上海までの3便、3月10日から濟州から瀋陽までの4便をそれぞれ一時的に増やすことになった、一時的な中国・韓国7便は1000人余りの旅客を迎える予定であった。




春秋航空は一時的7便の飛行任務執行乗員達に防護服、防護眼鏡、マスク、手袋等一連の疫病予防服装を用意した、一方、出発、飛行中、到着には合計で三回の体温検査を行う、出発前に旅客が発熱等の状況があれば搭乗を拒否する、飛行後、当該飛行機も全面的に消毒する。帰国後、旅客は厳格に規定によって14日間の健康観察を実施し、厳格に輸入感染症を防止する。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统