長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
長寧蘇州河畔の「三つの景観橋」は建設完成!蘇州河50メートルの緑化帯は接続!
02-03

覚えていますか?筆者は2008年初、長寧区通協河、朱家浜、縦涇港に建設していた三つの景観橋をご紹介しました。一年余りの建設を経て、この三つの蘇州河畔景観橋は既に先日に建設完成しました!

 

 

 

 

 

 

 

実際な効果は如何ですか?一緒に現場に行きましょう!

 

 

 

通協河景観橋

 

 

 

朱家浜景観橋

 

 

縦涇港景観橋

 

 

 

 

通協河景観橋は通協河に跨り、蘇州河50メートル緑化帯や通協路と接続し、臨空経済園区に位置するジョンソンコントロールアジア太平洋本部ビルと隣接し、橋は長さが約29メートルで、幅が約6.5メートルです。

 

 

 

 

ジョンソンコントロールアジア太平洋本部ビル外部景観

 

 

 

この橋のデザインインスピレーションは折り紙芸術から由来し、入口場所の折り畳み視覚は「夜月一簾幽夢、春風十里柔情」の景観イメージを営造します。

 

 

 

 

 

 

 

通協河景観橋は建設完成した後、周りのホワイトカラーの通協河から臨空経済園区までの通行だけでなく、近くの団地住民が蘇州河に沿う散歩にも便宜を提供します。

 

 

 

 

 

 

 

橋に立って遠目に眺めると、蘇州河は近くでうねって流れ、心がゆったりとしてよい気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

朱家浜景観橋は朱家浜に跨り、南北両側蘇州河の50メートル緑化帯と接続し、橋は長さが約29メートルで、幅が約10メートルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スケートボード元素を設計に入れ、曲線の形態を以て両岸を接続し、人々をたちどころに「風飜白浪花千片、雁点青天字一行」感じさせます。

 

 

 

 

 

 

 

橋には特にスケートボード通行のための専用道路を設置してあります。

 

 

 

 

 

周りには前述ジョンソンコントロールアジア太平洋本部ビルがあるだけでなく、更に蘇州河50メートル緑化帯、緩速歩道とビジネスホテルが揃い、体験して見ませんか?

 

 

 

蘇州河畔の上海アナディホテル外部景観

 

 

筆者は現場で蘇州河50メートル緑化帯が殆ど建設完成すると見かけた、スケートボード愛好者に専門的な場所を提供するだけでなく、市民達のためにいくつかの浜辺休憩地域を設置しています、春うららかに花开くと、蘇州河に沿って散歩して見回り、きっと気持ちがよくなります!

 

 

 

 

 

 

 

 

縦涇港景観橋は縦涇港に跨り、主に臨空1号公園や2号公園との接続に用いられ、橋は長さが約27メートルで、幅が約6.5メートルです。

 

 

 

 

 

 

 

この橋のデザインインスピレーションは蝶から由来し、「穿花蛺蝶深深見, 点水蜻蜓款款飛」設計イメージを営造します。

 

 

 

 

 

 

 

橋の両側の鉄鋼質アークは蝶が翼を振り回すように、水面に留まっています。

 

 

 

 

 

 

 

蘇州河50メートルの緑化帯、臨空1号公園、2号公園の間における重要な接続点として、三つの景観橋の建設完成は蘇州河浜辺公共空間接続・開放に対して非常に重要です、長寧西部の蘇州河浜辺空間が全面的に建設完成した後、必ず人気を集める新しいランドマークになります!

 

 

 

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统