長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
長寧のこの9平方メートルの小部屋は意外に無限大な「海洋世界」を構築した!
02-28

多くの人は海底世界

でゆったり泳ぐことに思いを馳せる。

現在、我々の周りには海底世界旅行

を楽しめる場所がある。

愚園路にある!

 

         

 

愚園路1112弄の路地入口には、

 

9平方メートルの小部屋がある、

元々これは山東餃子店であり

 

(現在、この店は既に愚園公共市場に開業した)

 

 

 

 

改造前と改造中

 

 

去年末から内装・改築し始めた。

 

最近、ここは面目を一新したが、

多くの人はこの店は何をしているかが分からない。

 

ここを通う多くの人は「何を経営しているか」と好奇心で聞く。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドアに貼ってあるポスターによると、なんと、これは「thebun公共芸術空間」だったか、jambeチームと「ART愚園」とが手を携えて創建した都市シーン更新を表す芸術項目である。

 

 

 

この項目は愚園路1112弄甲室という僅か9平方メートルの空間を芸術的改築し、百年愚園路に多くのオリジナルな芸術内容を齎し、上海新文化芸術ランドマークになっている。

 

 

 

現在出展しているのは2019年第一期メーンテーマ展覧「Nature as ART」であり、海洋世界をインスピレーションソースとし、光影と海洋とのインターアクションの観賞ほど震撼させられるロマンチックな事はない。

 

 

夜には、ここは静かで力に満ちる

 

 

この芸術空間に入ると、

まるで透明できらきら光るガラス天井板の下で歩くかのようだ。

 

流動する奇跡世界と一丸となり、

 

これは世界の中の世界だ。

 

 

 

 

 

この時、愚園路は陸地と海洋とが接続する場所で、

 

僅か9平方メートルのthebunには、

 

無限大な海洋世界を構築した。

 

 

実際に、この9平方メートルの空間は2018年8月から改築し始め、今まで既に三回の展覧を行った、「大声で光る」から「緑色に帰る」、また前回の海洋についてのメーンテーマまで、設計士は百年愚園の静かな夜ではひとつの光になるつもりだ。

 

 

第一期の展覧:Glow out loud

 

 

「大声で光る」

 

 

 

 

 

 

この展覧はエネルギー集中、保存及び放出する空間を構築した、昼間には、インスピレーションはここに絶えず流動し、お互いに合流した;夕暮れには、光はここから照らし、9㎡は光エネルギーのソースになった。

 

 

 

第二期の展覧:Nature as art

「緑色の想いに帰り、心の中の未知に触れる」

 

 

 

 

 

 

この展覧は3つの芸術装置を含み、設計士は体験者が空間に入る瞬間に自然の野性と美妙が感じられる、人間と自然とを繋げ、更に他人と自分とを接続し、可能性を探索し、心の中の未知に触れると希望していた。

 

 

 

主なクリエーションチームjamberは公共芸術と創意シーン構築分野における探索者であり、彼らはthebun公共芸術空間を構築するのが芸術観賞機会をできるだけ広くの社会観衆の前に齎し、更に多くの観衆に芸術を観賞してほしいためだ、ここは独特な視点から異なる物語を提供するだけでなく、住民と観光客に魅力的な体験をも齎す。

 

 

 

紹介によると、このチームは新材料と新技術を利用して創意シーンと物語内容を構築するのが得意だ、六週間から八週間までの時間毎に、愚園路1112弄甲室という僅か9平方メートルの空間に対して芸術化内容創作の研究開発と展示を行う。「芸術+」或いは「文化+」は商業コミュニティ・モード・イノベーションのグレードアップであり、味わいに冨んで人気を集める、jambeチームは長寧コミュニティと共に都市に話題が豊富なフロー・エントランスになり、上海文化産業発展に助力したいと希望している。

 

展覧情報

 

the bunコミュニティ公共芸術空間

 

 

 

 

 

 

チケット値段:無料開放

 

アドレス:

 

上海市長寧区愚園路1112弄4号

展覧チケット:

 

第三期:Nature as ART

「青い不思議な世界の韻律に伴って舞踏し、心の中の未知に触れる」

見学時間:火曜日から日曜日まで14:00—19:00

今回は四月で締切る

詳しい情報は公式アカウントjamberをご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统