長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
ゴミ分類しないと、個人、機構はそれぞれせいぜい200元、5万元の罰金が科される
02-28

ゴミはこれから勝手に捨ててはならない、7月1日から個人は混合でゴミを捨てる場合、200元以下の罰金が科される、機構は混合積込・混合輸送する場合、5万元以下の罰金が科される。これはどういうことだろうか?速く見よう!

 

 

 

 

2019年1月31日

 

上海市第十五期人民代表大会第二回会議において表決・通過した

『上海市生活ゴミ管理条例』

(以下は『条例』と略称する)

7月1日から正式に実施し始める

20年実行した後

 

「ゴミ分類」は上海法律枠組に組み入れる

 

 

個人混合ゴミ捨ては200元以下罰金

 

生活ゴミが発生する機構と個人は、分類・ゴミ捨ての責任主体である。『条例』は、7月1日から、個人は混合でゴミを捨てる場合、200元以下の罰金が科される、機構は混合積込・混合輸送する場合、5万元以下の罰金が科されると明らかに規定した。

 

 

 

 

規定によると、機構は生活ゴミをそれぞれ相応な収集容器に捨てない場合、都市管理法律執行部門が直ちに是正するよう命じる;拒否して是正しない場合、五千元から五万元までの罰金が科される。

 

 

 

個人は関連規定に違反し、有害なゴミを回収可能物、ぬれたゴミ、乾いたゴミと一緒に捨てる場合、或いはぬれたゴミを回収可能物、乾いたゴミと一緒に捨てる場合、都市管理法律執行部門が直ちに是正するよう命じる;拒否して是正しない場合、五十元から二百元までの罰金が科される。

 

 

 

管理責任者も相応な法律責任を負う。管理責任者は要求によって収集容器、施設を設置しない場合、都市管理法律執行部門が一定の期限に是正するよう命じる;期限を超過して是正しない場合、五百元から五千元までの罰金が科される。管理責任者は分類・輸送しない場合、都市管理法律執行部門が直ちに是正するよう命じる;拒否して是正しない場合、五百元から五千元までの罰金が科される。

 

テイクアウト販売は自発的に使い捨て食器を提供する場合、5000元以下の罰金が科される。

 

 

 

上海党・政府機構内部事務場所は使い捨て食器を使用してはならない、旅館は自発的に使い捨て日用品を提供してはならない、レストランは自発的に使い捨て食器を提供してはならない。

 

 

 

 

 

『条例』は、旅館は自発的に使い捨て日用品を提供してはならない、自発的に提供し、且つ是正しない場合、五百元から五千元までの罰金が科される;飲食業者或いは配送サービス業者は自発的に使い捨て食器を提供してはならない、自発的に提供し、且つ期限を超過して是正しない場合、五百元から五千元までの罰金が科されると規定している。

 

 

 

 

 

 

 

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统