長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
中国?スロバキア、国交70周年、中国郵政、新しい切手を発行
10-15

出所:長寧区融メディアセンター

 

今年は、中華人民共和国とスロバキア共和国が国交70周年で、両国間の人民の相互理解と友情を深めるため、両国の郵政機構は共同で国交記念切手を発行することにしているが、これは、2002年中国・スロバキア共同で「あずまやとお城」という切手を発行して以来、2回目の共同発行となる。

 

まもなく発行される中国とスロバキア国交70周年記念切手は1セット2(スロバキアと共同発行)からなり、きっての図面の名前はそれぞれ、鎏金銀香袋と鎏金丸い銅メダルで、セットの額面は2.4元である。

 

共同発行されるこの切手は、両国の代表的な文物をそれぞれ取り出して、中国側は陜西省扶風法門寺地下の宮殿から出土した唐の時代の鎏金銀香袋で、巧みで緻密で透かし彫りの部分は線香の香りを漂わせ、香袋内部には、2つの同心円金属の輪と線香を乗せる一つの鉢状の香り壺を鋲接するして、この2つの輪はバランスを保つ輪となっており、香袋が如何に回転しても、香り壺が始終水平状態を保つことができる。これは、近代で航海や航空で使われているジャイロスコープの原理が、なんと、唐の時代からすでに中国の職人たちに使われていたことを説明している。

 

鎏金丸い銅メダルはスロバキアのgreat Moravia時期の馬方が使って馬具の一部分で、丸いメダルは透かし彫りという飾りスタイルで、纏枝植物模様からなり、周辺には飾りとして五つの獣の頭が囲んでおり、この丸いメダルは胴の帯に嵌められており、主人の社会的な地位を象徴することになっている。

 

この切手は、発行される日から、全国の指定されている郵政営業所、切手収集ウエブサイトhttps://jiyou.11185.cn)、中国郵政モバイルアプリ、中国郵政ウィチャット郵便局切手収集ウィチャットショッピングセンターで6ヶ月間販売されることになっている。

 

 


Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统