長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
上海動物園、また1頭のホッグジカが増えた
01-04

野生ホッグジカは主に、中国、バングラデシュ、ブタン、ネパール、パキスタンなどの国に分布されているが、中国では、1級保護野生動物に認定されており、野外個体群の数が希少で、絶滅の危機に瀕している。現在、中国では、成都動物園、上海動物園などで見学や科学普及の宣伝や科学研究のために少量的に飼われている。先日、上海動物園は成都動物園から1頭のホッグジかを入れた。

 

上海動物園では、最初は数頭のホックジカしかいなかったが、数十年の丹念のこめた飼育を経て、現在はこの個体群はすでに10頭あまりまで生育している。新年の始まり、新たに来たホックジカも上海動物園にニューパワーをもたらしてくれた。2019年は旧暦のイノシシの年で、「豚(ホック)」とは、ブタのもう一つの呼び方で、ホックジカはまたイノシシの年の喜びをも帯びているわけである。上海動物園まで見学に来る観光客は、草食動物区でこの可愛くて実直な希少動物を観賞できる。

 

現在、上海動物園はすでにホックジカの飼育と展示において一定の実践的な経験を把握しているが、個体群の拡大と同時に、数多くの問題に直面している。最初は数頭しかいなかったので、この個体群の繁殖と成長には遺伝子と血縁の制限に面し、長くなると、この個体群の発展にとても不利である。この個体群が健康で秩序のある発展を促進し、近親交配による衰退を避けるため、上海動物園の動物飼育繁殖管理部門はホックジカに科学的な繁殖計画を立てて、成都動物園とホックジカの交換という共通的な認識にいたった。動物園間の動物交換も動物郡の管理を強めるのに重要な措置の一つである。

 

ホックジカは生まれつきの臆病で、新しい環境に入ったばかりの時は、走り回るなどのことがある。この新しいメンバーが速くみんなと仲良くなり、ストレス反応をなくすため、職員は先ずそれをほかと別々に飼育し、環境に慣れてからみんなと一緒に飼育し、一般公開することにしている。


Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统