長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
ゴミ分類でも精確な対策が必要?長寧のこの街道はどう取り組んでいるか?
01-30

 

 

 

 

天山街道は、計53の住宅団地があり、合計105ヵ所のゴミ捨て場が設置され、街道の管轄下にある強制分類機関は74軒に上る。現在、すでに9つの住宅団地、22のゴミ捨て場が「ゴミの定時定点分類処理(指定された時間・場所に基づく処理)」に取り組んでいる。継続的な訪問・調査を通じて、街道は分譲住宅、公有住宅、部隊住宅地と企業の特徴に応じた分類対策を講じ、ゴミ分類の減量を推進している。

 

 

 

分譲住宅地不動産所有権者委員会の協力度が不足している点に対して、「3台の馬車」という協力推進対策を実施し、不動産管理会社、不動産所有権委員会、居住者委員会と連携し、作業チームを結成し、その中で不動産所有権委員会の主体責任を強化し、「四位一体」という公聴会を開き、各方面の意見を幅広く聞き、不動産の所有権者自身に廊下収集、フロア収集、ゴミ捨て場収集、訪問収集などの措置を決めてもらう。

 

 

 

 

 

公有住宅地のインフラが整っておらず、住民の分類意識が薄弱という問題に対して、コミュニティーの知り合い「指導者」による推進方法を採用し、自治プロジェクトと結合し、ゴミ分類をテーマとした18の住宅地の自治体チームをそれぞれ結成し、ゴミ分類分野の「一般人指導者」、「分類の達人」などの模範人物を育成し、近所における宣伝と助け合いを通じて、住民の生活習慣を重点的に転換し、分類意識を高める。また、これらの公有住宅は19.1万平方メートルに及ぶ非付属住宅の改造工事が行われており、街道は工事期間中に住宅地の環境衛生を全力で保障し、分類作業を容易にするために仮設分類ゴミ箱を増設し、改造が完成すると「指定された時間・場所」対策を全面的に推進していく方針。

 

 

 

 

 

 

部隊住宅地が部隊によって管理され、協力度が高いという特徴に対して、軍民融合の「模範」推進方法を採用し、部隊戦士、老幹部などの典型的な人物の事績を宣伝し、模範的な力で、全区域でゴミ分類の理念を樹立する。

 

 

 

企業(教育システムと衛生システムを除く)には、一般的に専門的なゴミ処理室がなく、ゴミは直接近くの住宅地のゴミ捨て場に捨てられる問題に対して、商圏連動共同治理推進の方法により、「天山商圏連盟」プラットフォームを利用し、業者に分類作業を促すのと同時に、企業に対する法執行検査を強化し、都市管理部門による定期的な巡回検査を展開し、ゴミの分別作業がうまく行われるよう促す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统