長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
長寧区のこの税務受理窓口では、なんと数ヶ国語が通じる
01-24

先日、個人所得税の改革という大切な仕事によりよくサービスを提供し、若手幹部が学習能力が強くて市民に良いサービスを提供できるという新鋭軍の役割を果たせるため、区税務局は長寧区に外資系企業が多く、外国籍の人がたくさん住んでいるという特徴にあわせて、個人所得税青年バイリンガルボランティアサービスチームを作り上げて、役所と税務署との連動する効果を深く激発し、常態的に区税務局外国関係個人所得税の問合せとサービスなどの関係業務を支え、全面的に新しい個人所得税の全面的な実施を助力する。

現在、青年バイリンガルボランティアサービスチームは区税務局個人所得税改革指導チームの指導のもとで、仕事を行い、重点的に外国語能力の強い、業務水準の高い若手幹部に焦点を絞り、サービスチーム全体の業務が上手、外見がよく、サービスが優れている。サービスの精確度を高めるため、青年バイリンガルボランティアチームは英語、日本語とドイツ語など3つのボランティアグループを設立し、3人の若手課長クラスの幹部がお互いに協調する。21人のボランティアたちはそれぞれ英語、日本語、フランス語、ドイツ語、ロシア語など関係言語能力を持っており、業務的な素質と言語における優位性を備えている。

関係者の紹介によると、バイリンガルボランティアサービスの場所は、「3+1」という特色のある税務受理サービスゾーンのバイリンガルサービス窓口に開設されている。区税務局では、個人所得税バイリンガルボランティアサービスの起動、反応、フィットバックという3つの段階が互いにリンクするという仕事のシステムの作り上げを探索し、すなわち、税務受理サービスの場における外国関連個人所得税の問い合わせの需要に変化に応じ、バイリンガル窓口を通じて個人所得税応急処置業務チームにボランティアサービスの需要を申し込み、各ボランティアグループはリニアタイムで資源の調達と内部の配置を展開し、バイリンガルサービス窓口ではフルコースで進展を書き込み、サービスの効率とサービスの質を確保する。

今年の1月4日、区税務局では、個人所得税改革青年バイリンガルボランティアサービスの特別課目育成を行い、外国籍の税務関係によく疑問のあるところ、問題のあるところ、理解できないところを特別課目にして分析した。この育成はボランティアサービスの起動の場合や、窓口サービスの規範や応急状況などを予測して分析を行い、登録番号の発行、システム操作、よくある質問への回答などの内容の紹介、個人所得税における新しい政策の中の外国人関連の内容を整理し、外国人が個人所得税アプリへの登録のプロセスのプレゼンなどが含まれている。このサービス育成の内容が豊富で、指向性が高く、政策をはっきりとし、回答への筋道を統一にし、態度が良くすることなどを切実にして、全面的にボランティアサービスの質を高めるのに確実な保障を提供している。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统