長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
1月5日より、国内便において、いいニュースが二つあるよ
01-21

国内観光をしようとする皆さんには、いい知らせがあるよ。東方航空、中国国際航空、春秋航空、吉祥航空、海南航空、アモイ航空などの航空会社は、1月5日より、国内線の旅客運輸燃料付加費用を徴収しないことにすると発表している。

1月5日零時から、国内線の旅客運輸燃料付加費用を0元に調整し、お正月期間中の航空券を購入する際の費用が安くなるが、1月5日までに購入した航空券には、今までどおりに徴収されることになっている。

春秋航空は、1月4日より、3月1日以後出発の航空券を購入する場合、託送荷物は購入する航空券のグレードによって差をつけて、無料で託送できる荷物も一定の程度調整すると発表している。「エコノミークラス」で無料で託送できる荷物を20キロから27キロまで増やし、「ビジネスエコノミークラス」で無料で託送できる荷物を25キロから37キロまで増やすが、「メンバー専用クラス」で託送できる荷物はない。しかし、国際線の旅客に対し、春秋航空は引き続き無料で託送できる荷物を10キロ増やし、機内持ち込みに持つ7キロに合わせると、荷物総額は17キロになる。

これと同時に、3月1日より、一つ新しい製品を発売することになっている。機内持ち込み荷物のサイズをグレードアップさせることである。この製品を購入する旅客とビジネスエコノミークラスの旅客には、機内持ち込み荷物のサイズは20X30X40CMから20X40X55CMとなるが、件数と重量には変更がない。

春秋航空は、同じ路線、同じ荷物グレードでも、オンラインであらかじめ荷物の託送できる寮を購入する際もっと安くなると説明している。

 

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统