長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
長寧区では、ごみの分別収集を再び呼びかけを
11-05

ボランティアサービスが長寧区内の生活ごみの分別収集の実施を促進するという役割をもっと果たせ、多くの市民に正しく生活ごみを収集することを誘導し、生態環境保護の意識を強めるために、9月29日、「ごみを分別に収集し、環境をもっときれいに」長寧区ごみ分別収集ボランティアチームの設立式および初回の「ごみ分別収集達人ショー」起動配布式が金虹橋デパートで開催された。

このイベントは区緑化市容局、区文明事務室、区商務委員会が共催し、区ニュース宣伝センターが協賛し、区内の10の街道・鎮及び関係企業で合わせて20軒が共同で引き受けたものである。上海市ごみ分別収集共同事務室副主任で上海市緑化市容局副局長唐家富、共産党区委員会常務委員で副区長で区ごみ分別収集共同事務室首席招集者陳華文、共産党区委員会常務委員で宣伝部長夏煜静などの責任者たちがこのイベントに出席した。

イベントは「長寧におけるごみの分別収集」という宣伝の映像放送や「ごみ分別の4分類で大きく鼓舞される」という演繹の中で序幕が始まった。出席した責任者たちは起動ボールをライトをつけて長寧区のごみ分別収集ボランティアチームの設立を宣言し、初回の「ごみ分別収集の達人ショー」の正式に公表されると同時に、長寧区ごみ分別収集のボランティアの募集と分別達人の申し込み通路も正式に開通された。長寧区ごみ分別収集ボランティアチームは区内のボランティアたちに「ごみを分別に収集し、環境をもっときれいにしよう」と呼びかけた。このボランティアチームは区内のあちこちに入り、全力でごみの分別収集を宣伝し、推進し、ごみの分別収集という理念をすべての住民の心の奥まで根差せて行く。「ごみ分別収集の達人ショー」が1年間にわたる活動期間中において、コミュニティ、学校、企業に入り、分別収集の達人を選抜することにしていると同時に、古紙のリサイクルと製造という専門領域での分類達人である金光グループのAPP紙業もイベントの現場に駆けつけ、出席者たちに古紙の回収とリサイクルの小技を紹介してくれ、「分別収集の達人ショー」というイベントの展開をよりよく推進し、ごみの分別収集の認知度を高めた。

イベントの最後、長寧区初回のごみ分別収集の健康ランニングが始まり、100人が参加し、1000人がサインし、10000人がコールした外野イベントが正式に始まった。18のボランティアチームが1時間の外野奔走を経て、全部金虹橋デパートのゴールに戻り、力を合わせて大型ジグソーパズル「ごみを分別収集して、環境をもっときれいに」を完成させた。そのほか、イベントの当日、美団点評のデリバリーの若者はまたごみ分別収集を宣伝するという使命を背負って、デリバリーをする際、、一枚の「ごみの分別収集」というビラを顧客に手渡す。長寧区内の多くのデパートの戸外の広告電子スクリーン、住民委員会の広告スクリーン、団地内やビルディング内の広告掲示板も同時にこのイベントを宣伝する情報や映像を放送した。

 

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统