長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
百名の台湾商人、長寧区を視察
11-20

先日、長寧区台湾事務弁公室は、上海市台湾事務弁公室と共同で、「改革開放40年を記念しー輸入博覧会を迎え、将来を共有し、百名の台湾商人が長寧を視察」するイベントを開催した。百名の台湾商人は長寧区に集まり、明基ビジネスプラザ、Yiguoネット、深蘭科学技術、上生新所などの企業を相次いで見学した。今回のイベントで台湾の商人たちを長寧区に入ってもらい、長寧区を感じてもらい、長寧区を理解してもらうことによって、台湾の商人たちの長寧区を建設し、長寧区を楽しく共有し、ともに発展して、ともに将来を共有する情熱と行動をもっと激発することになる。

イベントの中で、百名あまりの台湾商人たちは、Yiguoネットを見学し、「ビジネス知能で業界の先端を駆動する」というやり方が手本と勉強に値するもので、創意が将来をチェンジする直接な現れであると感服した。Yiguoグループは「生鮮クラウドを作り上げて、新しい小売に力を付与する」ことを核心的な戦略として、中国の生鮮産業のグレードアップを推し進めて、小売に生鮮類の運営サービスを提供している。深蘭科学技術では、見学と交流を通じて、台湾の商人たちは人工知能がすでにわれわれの近くに着ており、まもなく手を出したらすぐ入ることになると感じた。深蘭科学技術はずっと「人工知能で、市民生活にサービスを」をいう理念に基づき、人工知能の基礎研究と応用開発に力を入れてきた。上生新所では、台湾商人たちは楽しく歩きながら見学し、歴史的な文脈とモダン的な設計とがぶつかった芸術的な花火を感じ取った。上生新所は集中的な商業施設と配置施設を有している。20世紀20年代から現在まで、上生新所は100年近くの期間中、歴史と現代、都市と生命の美しい生活の

今回の見学を通じて、台湾の商人たちは、現在日々異なっている大きな時代の流れにおいて、積極的に「知能」と「創造」を発展しなければ、時代の発展という大きな流れを把握し、先にチャンスをつかみ、将来を創造し共有することができないので、長寧区はこの面での発展が注目すべきで、今後とも長寧区の発展に自分なりの貢献をしていくと話している。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统