長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
上海で初めての国際化のハイレベルの「フラワーの世界」が、古北に
09-06

現在、お気に入りの一束の切花で、部屋を飾ったり、友人に送ったりすることが、多くの市民の生活で欠かせないこととなっている。今年の国慶節の前、古北新区にある上海で始めての国際コミュニティのハイレベルのフラワーの世界が幕を下ろして、市民に、品位、品質、芸術を一体にした切花と芸術品の世界を現してくれる。区政府の支持のもとで、上海虹橋切花消費指数も今年10月から的確に発表され始める。

 

関係者の紹介によると、現在、古北花の世界はすでに、アリペーと協議を結び、共同で上海で初めての切花業界のアリペーの知恵のビジネス圏見本区を作り上げようとしているとのことである。古北花の世界ビジネスプラザもすでに必要な営業証書をそろえており、ハイレベルの住宅団地内で永久に経営権を獲得しており、「国際化、空港化、インターネット」を構造とした上海虹橋ビジネスゾーンの標識的な産業となり、全面的に花芸術の普及と向上の高地と世界一流の切花を集散するファッション的な標識に作り上げて、東南アジアの切花の物流を担当している「大手」が、世界各地の切花をいち早く新鮮のままで届け、現在、すでに雲南、広州、浙江など国内外の優秀な花卉基地と切花を確保するために、契約を締結している。

 

郁政一社長の話によると、この商業プラザでは、実益的な価格の定位と長期間の経営構造、合法的な営業証書、清潔な人文環境、リーディング販売モデルなどの特徴があり、プラザ意の営業面積は16000平米を超えており、4階からなっている。地下の2階は駐車場で、地上の駐車スペースを合わせると、400台が駐車できる。地下1階は切花の卸売りと小売で、営業面積は2000平米で、5メートルの荷卸ゾーンがあり、トラックが直接中に入って貨物の運搬ができる。専用のバイクで各店に届けて、伝統的なバケツを提げて切花を運ぶといった時代は終わりを告げている。

 

地上1階と2階は模造の花とソフトの飾りの場所で、フラワーの世界全体は300軒近くの店を収容でき、1軒の面積は30~400平米である。プラザの内部には空調換気システムが設置されており、エスカレーター8台、エレベーター2台、貨物昇降台2台のほか、各フロア間は歩行の階段で互いに連結されており、決算方式は全面的にデジタル化ネット化に、朝市、卸売りと小売が一体になっている。

 

古北フラワーの世界は紅宝石路533号にあり、目標に当てている客層は30万の外国人と、そのほかに、虹橋古北地区に住んでいる98万人にも上るファッションでハイレベルの人たちである。国際園芸展、国際花卉特別展、国際園芸レジャー用品展、国際花の芸術研修院などの文化ブランドイベントがまもなく始まり、また、初めての花の芸術国家館も造られる予定であるが、できたら、市民は幸いに世界各国の代表的な花卉の容貌を観賞できる。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统